膠原病・リウマチ科

診療内容・特徴

旧)市民の森病院 膠原病リウマチセンターで実践していたリウマチ・膠原病に対する高度医療を、そのまま当院当科に移転し、以前同様、関節リウマチ(RA)を中心に膠原病全般の外来診療を内科的立場から行っています。必要に応じて、整形外科と連携をとり、外科的な処置も可能です。当外来は予約制になっておりますので、診察をご希望される方は当院にご連絡の上、予約をとっていただければ幸いです。

RAは進行性の全身の関節炎を主症状とした炎症性疾患です。しかし、RAは関節だけの病気というよりも、自己免疫が発症や病態に関与する全身の免疫難病として位置づけられています。症状をとるための消炎鎮痛剤や必要に応じてステロイド薬、そして、免疫異常の改善と病気を抑えることを目的とした抗リウマチ薬、さらに、病気の形成において中心的な役割を担う分子群が解明され、それらを標的とした生物学的製剤/JAK阻害薬をうまく組み合わせて使用します(詳しくは、後述いたします)。

RAの薬物治療により、痛みを抑える時代から、その進行を抑える時代、そして進行を止め、場合によっては関節破壊を修復するような激動の時代に突入しています。従って、現在のRA治療は薬物療法が中心です。また、関節に障害が生じ日常生活が不自由になった場合は、薬による内科の治療だけでなく、手術などの整形外科の治療が必要となることがあります。このような場合は当院整形外科と連携をとりつつ治療を継続することが可能です。

当科では、それらの薬物療法、外科療法をそれぞれの患者さんに合わせて選択し、より良い状態にもっていけるように心がけて治療を行っておりますので、安心して来院いただければ幸いです。

現在の関節リウマチ治療についてはこちら